妄想と現実のあいだにはさまりがち

20代後半の私による私のためのブログです。

「まなみ」ちがいの話

こんばんは、吉川ばんびです。

 

金曜日の晩、いかがお過ごしでしょうか?

 

今日Twitter吉川ばんび (@bambi_yoshikawa) | Twitter)を見ていてたまたま目に入ったのですが、ファブリーズの新しいCMに小西真奈美さんが出演されるようですね。

 

f:id:bambi_yoshikawa:20170929224936j:image 

 

久々に小西真奈美さんを見たような気がして、すこし新鮮な気持ちになりました。

 

さて、ここからは大目に見ていただければありがたいのですが、わたくし、大変恐縮ながら「小西真奈美さんに似ている」と、何度か言われたことがございます。

 

いえ、わかっております。お世辞であることは百も承知でございます。ご気分を悪くなさいましたら申し訳ございません。許してください。

 

小西真奈美さんが「100こにたん」だとした場合、私に含まれるのは「1こにたん」くらいです。1%似てるかどうかのレベルです。

 

お世辞ではあるものの、何度か言われた経験があるものですから、

 

「誰かに似てるなぁ・・・誰かに似てるって言われたことない?」

 

と聞かれたときには、

 

「・・・あぁ、わかんないけど、小西真奈美さん?とか?」

 

とクソ憎たらしい顔で言う程度に調子に乗っていた時期もありました。強めに足の小指とかぶつけたらいいのに。

 

そんな私が以前勤めていた会社で、事件は起こりました。

 

「あれ?吉川さんって、あの人に似てるって言われない?」

 

突然上司にそう話しかけられましたが、上司はどうにも名前が思い出せないようすでした。ちなみに、この時点で私は例のクソ憎たらしい顔になっていました。シャワーヘッドとか足の上に落としたらいいのに。

 

「うーん、誰だっけな・・・」

 

必死に名前を思い出そうとしている上司に、クソ憎たらしい顔で「小西さんですか?」と返答しようと思ったそのときでした。

 

「あっそうそう、とよたまなみさん!!」

 

f:id:bambi_yoshikawa:20170929232227j:image

 

豊田真奈美さん・・・日本の女子プロレスラー。身長167cm、体重80kg。ニックネームは「飛翔天女」。極度の打たれ強さから、「ゾンビ」とも呼ばれていた。得意技はジャパニーズ・オーシャン・クインビー・ボム

 

f:id:bambi_yoshikawa:20170929232240j:image

 

「似てる似てる!そう!豊田真奈美さん!!」

 

f:id:bambi_yoshikawa:20170929232249j:image

豊田真奈美さん

 

f:id:bambi_yoshikawa:20170929232259j:image

小西真奈美さん

 

 

「いやースッキリした!豊田真奈美!うん、似てる!」

 

f:id:bambi_yoshikawa:20170929232402j:image

豊田真奈美さん

 

「・・・小西?」

 

そう聞きたかった。でも、聞けなかった。なぜなら、「あっ、豊田真奈美さんと私、似てないこともないかもしれない」と思ったからです。若干、面影が似ているような気がしたのです。

 

ちなみに、結局上司が小西真奈美さんと間違えていたのか、本当に豊田真奈美さんに似ていると思ったのか、とうとう私が退職するまで聞くことはできませんでした。

 

この出来事は、2年ほど経った今でも私の心を悩ませ続けています。

 

「似ていると言われる芸能人はいるか?」と聞かれたとき、以前のようなクソ憎たらしい顔で答えることができなくなったのです。

 

知りたい。私は誰に似ているんだろう。小西真奈美さんなのか?それとも、豊田真奈美さんなのか?それとも他の誰かなのか?

 

はっきりさせたい。でも、連絡先を聞いていなかったため、もう上司に連絡を取ることもできないのです。

 

私の中の「まなみ」は、徐々に形を失っていき、抽象化してしまったのです。

 

「まなみ」とは、誰か。

 

「まなみ」とは、どんな人なのか。

 

私の中で、「まなみ」はぼんやりとした輪郭のまま生き続けるのだった。

 

 

 

 

 

@各位

 

すみませんでした。