妄想と現実のあいだにはさまりがち

20代後半の私による私のためのブログです。

ブスの話

突然だが、あなたは「ブス」と言われたことはあるだろうか?

 

私はある。

 

中学生の頃、廊下ですれ違いざまに同級生の女の子から言われたことが一回。

(今までいじめられたことはないと思ってたけど、これっていじめられてる?ねぇ?気づかなかっただけでいじめられてたの私?)

 

大学生の頃、バイトしていた居酒屋で、女性のお客さんから「ブスじゃん」と小声で言われたことが一回。

(注文を聞きに行っただけでこの扱いはしどい。泣いちゃうよ・・・)

 

成人してから、道行く知らない人に言われたことが一回。

 

合計三回言われている(少なくとも私が気づいただけでも)ことになる。

 

ここで、みなさんに提案する。

 

・・・ブスっていうの、やめようょ・・・(泣)

 

遺伝子には勝てないょ・・・

 

「ダサイ」とか「性格悪い」などの悪口は、最悪言ってくれてもいい。

自分の立ち居振る舞いを見直すためにも、甘んじて受け入れる。

 

でも「ブス」はやめようょ・・・

対処できないょ・・・

 

仮にブスだとしても、ブスにブスって言ったらさすがにブスと言えども傷つくことくらいは想像に容易いものではないか?

 

そもそも、他人にブスと言えるほど、自分の容姿には自信があるということなのか?

 

そうだとすれば、人をわざわざ「ブス」呼ばわりしてマウンティングを取らずとも、君が美しいということは不変なものではないのか?

 

人に「ブス」だと指をさすとき、残りの3本の指が「お前はブスだ」と自分をさしていることを知らないのか?

 

人に「ブス」というとき、人はどんな気持ちなのか?

 

様々な疑問が、次々と私の中に湧いてでてくる。

 

私は、人に「ブス」ということが怖くてできない。

 

「お前のほうがブスじゃねぇか」と思われるのも怖いし、自分が他人を攻撃している、傷つけてしまっているかもしれない、という罪悪感や後ろめたさに苛まれることが怖くて仕方がない。 

 

そのことを踏まえて考えてみると、他人に気軽に「ブス」と言える人の精神力は、 あまりにも強すぎるんではないだろうか。

「封印されしエグゾディア」くらい強いんじゃないか。まず「封印されしエグゾディア」がわかる人がいるのかどうかは、気にしない。

 

そもそも他人を「ブス」だと断定できる人が「美しい」と思う人間とは、一体どれくらいの美人なのだろうか。佐々木希?だとしたら一般人は敵わないだろうが!!!!!!(激怒)

 

いろいろ書いたけれども、ようするに、

 

「ブス」と言われた人はなにも言い返せないし、対処もできないし、そのあとどのように消化したらいいのかもよくわからないので、「ブス」っていうのやめませんか・・・(困惑)

 

ということです。

 

泣いてるから。

「誰がブスやねん(笑)」って軽く受け流してるけど、心の中でめちゃくちゃ泣いてるから。

 

「ブス」、アカン、絶対!!!