吉川ばんびのブログ

20代後半の私による私のためのブログです。

【随時更新】吉川ばんびの寄稿記事

こんにちは、ライターの吉川ばんびです。

 

f:id:bambi_yoshikawa:20180522000229j:plain

 

私は現在フリーライターとして活動していますが、いろんな方から「実績ページつくってよ」という旨のご指摘を400万回近く受けていますので、作ります。

(@各位 遅くなってすみませんでした。)

 

言い訳をすると、フリーライターとして活動を始めてまだ2ヶ月ほどということもあり、実績と言えるほど記事数がなかったため作成が遅れてしまいました。

 

まず、自己紹介から。

 

「吉川ばんびって誰?」と聞かれたときにみなさんが「この記事書いた人だよ」と説明してくださるのがこれです↓

bambi-yoshikawa.hatenablog.com

このエントリーがバズり、2日間で16万PVくらい見られたので、「あぁあの人!」と言ってもらえることも増えました。ありがたい…!

 

しんどいオッサンの記事は個人ブログで書いたものなのですが、今回は、お仕事で書いた記事をまとめたいと思います。

 

いろいろなメディアで執筆させていただいた記事を、今後もこのページで随時更新していく予定ですので、ご覧いただければ幸いです。

 

※順番は、最新順です。 

 

吉川ばんびの寄稿記事一覧

しつこく連絡してくる「味方のおじさん」問題に悩む女性たちへ

bunshun.jp

ライターの実績がなくても仕事をもらうためにやるべきこと、継続してもらうコツ|Zing!

親の期待する人生に縛られているあなたへ(エッセイ)

eonet.jp

なぜ私と母は15年間も兄の暴力に耐え続けてきたのか

bunshun.jp

揖保乃糸」を食べ比べしてみたらちょっと美味しすぎた件

r.gnavi.co.jp

醸造のまち・愛知県「碧南市」を取材!地元の方におすすめ観光スポットを聞いた

travel.spot-app.jp

伝統産業の街・碧南市で、ものづくりへの愛に触れてきました

www.furusato-tax.jp

「歌舞伎町の女王」は本当に実在するの?眠らない街の案内人に裏事情を聞いてきた

fuminners.jp

「本当は捕まえたくない」増えすぎた奈良の鹿はどうなるのか?

www.e-aidem.com

※コメント執筆中

 

意外と多い会社内での「大人のいじめ」にあなたは気付いていますか?

bunshun.jp

※コメント執筆中

睡眠時間が半減!1日14時間寝ていた私が実証する「良質な短時間睡眠」のコツ

yurudie.com

ゆるぢえさんで書いた検証記事です。

毎日眠くて眠くて昼寝をくりかえし、まったく仕事にならないので「睡眠時間を短縮する方法」について調べてきました。最終的に睡眠の専門家の方にもお話を聞くことができ、ものすごいお役立ち記事になったのでぜひお読みください!

【座談会】「今月の給料は0円です」ブラック企業を早期退職した人たちはどうなった?

r25.jp

R25さんで書いたインタビュー記事です。

入ったた会社を早期退社した人はどうなったの?という疑問から、早期退職を経験したお2人に取材をしてきました。ブラック企業にお勤めだったのですが、出て来たエピソードがどれも悲惨すぎて必読です。

山奥の寺で行われたブラック企業の「最悪な新人研修」

bunshun.jp

文春オンラインさんで執筆したエッセイです。なにはともあれ読んでくれ……ほんと最悪だったんだから……

【大阪デート】幽遊白書の戸愚呂弟と行きたい!おすすめデートスポット

mecicolle.gnavi.co.jp

ぐるなびさんのグルメ媒体「メシコレ」で、頭のおかしい記事を書きました。くりかえします。掲載媒体は、ぐるなびさんのグルメ媒体です。

「戸愚呂(弟)クンと妄想デートをしたい!」という気が狂っている私の願望に、編プロの「ノオト」さんとぐるなびさんがとことん付き合ってくださった甲斐もあり、閲覧数はなんと20万PVを超えたとのことです…!

この記事が拡散されまくったので、知り合いから「なにしてんの?」という連絡がめっちゃきた。

 

初出社して、就職先が「ブラック企業」だと気付いたあなたへ 

bunshun.jp

文春オンラインさんで、ブラック企業についてのコラムを書きました。

なんと、公開から1日足らずで110万PV以上読まれ、大反響をいただきました。

ブラック企業に勤務した経験のある私から、「最低でも3年は会社を辞めるな」という風潮に対して、一言物申しています。

ブラック企業で苦しんでいる若者たちに届いて欲しい」という気持ちで執筆しました。

 

「おじさんLINE」で考える、おじさんと20代女子の適度な距離感

bunshun.jp 

文春オンラインさんで、しんどいオッサンについてのコラムを書かせていただきました。記事が一時的にYahooニュースのトップページに表示されて驚き…。

「普通のおじさん」と「若者」の距離感についてお話をしています。

住居解体×コンサート!? 文化住宅でパフォーマンスする「前田文化」の試み

www.e-aidem.com

「ジモコロ」で記事を書かせていただきました。

解体される運命にある「文化住宅(風呂なし木造アパート)」で、その最後の瞬間にスポットを当て続ける「前田文化」というパフォーマンス集団を取材しました!

お相撲さんに壁を破壊してもらったり、解体とともにお芝居をしたり、ユニークな活動を繰り返す彼ら。実は、その活動には意味があったのです。

 

インスタグラマーの”実態”と”秘訣”!フォロワー3.8万人の女子大生に聞いてみた

kindaipicks.com

「Kindai Pics」という近畿大学のメディアで書かせていただきました。

「インスタグラマーって何?」「キラキラした投稿ばかりだけど、実際の生活ってどんな感じ?」「1ヶ月のカフェ代めっちゃかかりそう」など、気になるところをインスタグラマーの女の子2人に聞いてきちゃいました!

この記事、ぶっこんだ質問にも答えてもらえてインタビューの内容がめっちゃ面白いのでぜひ読んでみてください!

 

【検証】梅干しが苦手な人でも、高級品なら「おいしい」って言うの?

r.gnavi.co.jp

ぐるなびさんの「みんなのごはん」で執筆した記事です。

私は死ぬほど梅干しが好きなんですが、梅干しが苦手な人でも「おいしい!」と言ってしまうような「本当においしい梅干し」を調査してきました。ちなみにこの記事は読んでいる間によだれがめちゃめちゃ出ます。梅干しが好きな人も、苦手な人も楽しめる内容になっていますので、ぜひ読んでみてください!

 

エレベーターで住人と乗り合わせたとき、去り際に使える決めゼリフを調査した 

mooom.chintai.mynavi.jp

 マイナビ賃貸さんの新しいメディア「MOOM(モーム)」で執筆した検証記事です。

同じマンションに住んでいる人とエレベーターで出くわしたときのあの気まずい空気を打破すべく、「一番気まずくならないやり過ごし方」を徹底調査しています。

不審者として通報されるギリギリのラインでがんばっています。

 

和歌山のアドベンチャーワールドにも赤ちゃんパンダがいるから会ってきた

travel.spot-app.jp

 

SPOTさんで書かせていただいた記事です。

上野動物園で誕生したシャンシャンが大きく話題となりましたが、日本には他にも赤ちゃんパンダが見られるところがあるんやで〜〜〜〜〜〜!!ということで取材に行ってきました。

 

何気に初のインタビュー取材だったんですが、アドベンチャーワールドさんの温かい対応と、私の無類の動物好きが幸いして、楽しいインタビューになりました。

知っているようで知らなかったパンダの秘密も書いてあるので、ぜひ読んでみてください!

 

【神戸観光】地元の人が愛する、行っておきたいスポットを惜しみなく紹介!

travel.spot-app.jp

 

フリーになったあと、一番最初に書かせてもらったのがSPOTさんのこの記事でした。

「好きなところを紹介して!」と言われて迷わず地元の神戸を選んだのですが、神戸って結構おいしい飲食店も多くて、1日で回れるコースを作るのにかなり悩みました。

地元の人でにぎわう超人気店の情報などもありますので、読んでみていただければ…!

 

 

 

実は色々バタバタしているのですが、今のところ公開されている記事より、執筆や企画段階のものが多くありまして…もうしばらくお待ちください…!

 

今現在のお仕事状況はこのような感じでございます。

なんとか生きていくためにがんばりますので、もしお仕事などご依頼いただけるようでしたら、

 

m.gct.lv@gmail.com までご連絡をよろしくお願いいたします!

 

Twitterやってます↓

twitter.com

 記事の更新などこちらでつぶやきますので、ぜひフォローお願いします!

 

■インスタもやってます↓

www.instagram.com

日常の写真や記事の舞台裏の写真が多いと思います。

 

■noteもやってます↓

note.mu

 

■質問箱(peing)もやってます↓

peing.net

お気軽にご質問・メッセージいただければ嬉しいです。

 

 

以上、最近の吉川ばんびの寄稿記事など一覧でした。

 

お仕事のご依頼などお待ちしております、何卒よろしくお願いいたします!!